Cleaning & Coin LaundrySHOP SEARCH

TOP > コラム > レーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイントレーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイント

コラム | 2023-02-15

レーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイントレーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイント

share on

facebook

twitter

line

レーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイントレーヨンをクリーニングに出す基礎知識|素材の特徴と要注意ポイント

レーヨンはおしゃれ着などに使われる人気の素材です。ただ、数ある素材のなかでもデリケートであり、知られています。水に濡れると縮む性質があるため、洗濯や普段のお手入れには気を使わなくてはいけません。加工技術の発達で水洗い可能なレーヨン素材も誕生していますが、それでも自宅での洗濯は難しく、クリーニング店でのドライクリーニングが推奨されています。 そこで本記事ではレーヨンの特徴、クリーニングに出す際の注意点や料金相場、保管方法などを解説します。

レーヨンのクリーニングに関する基礎知識

レーヨンは爽やかな着心地やドレープ性などに優れた素材です。一方で耐久性が低く傷つきやすいので、長持ちさせるためにもメリット・デメリットを把握しておきましょう。

レーヨンとは?

レーヨンは、天然原料でできた化学繊維(再生繊維)のことで、元々は高級品であるシルクの代用品として作られました。木材パルプなどの原料を一旦溶かし、糸状に加工して作られます。柔らかでとろみのある質感が魅力で、衣服・寝具・インテリア・不織布など、さまざまなアイテムに使われています。

レーヨンの特徴

先述したように、レーヨンは元々シルクの代用品として作られたため、人絹(じんけん)とも呼ばれていました。その名の通り、シルクに似た上質な生地感を再現していますが、同時にデリケートな部分も共通しています。レーヨンのメリットとデメリットは以下の通りです。

・メリット
まずはレーヨンのメリットについて5つ紹介します。

  1. 光沢が美しい
    レーヨンは英語のRay(光線)とCotton(綿)を合わせた言葉で、光る糸といわれます。シルクと同様に艶のある美しい光沢があり、洋服に上品さをプラスします。

  2. 肌触りが良い
    表面構造が滑らかでつるつるしているので、肌に沿うような肌触りです。静電気は発生しづらく、体にまとわりつく心配もありません。

  3. 吸湿性・通気性に優れる
    サラリとした清涼感のある着心地も魅力です。汗をかいても素早く吸収・放出してくれるためベタつきません。

  4. ドレープ性が高い
    ドレープとは布を垂らす際にできる、ゆったりとしたたるみのことです。体を動かす際に美しく波立つので、優美な印象になります。

  5. リーズナブル
    他の素材と比べると安価です。そのため、レーヨンを高い素材と混紡(複数の繊維で紡ぐ)することで、商品価格を抑えられます。

・デメリット
次にレーヨンのデメリットについて2つ紹介します。

  1. 水に弱い
    原料が木材パルプ(紙と同じ)のため、水に濡れるとさまざまなトラブルが生じます。例えば、濡れた状態では強度が大幅に低下しますし、乾燥時にはシワが生じ、水シミもできます。また、水分で膨張した繊維同士が引っ張りあってしまい、縮みの原因になります。酸性の液体には特に弱く、酸性雨やお酢を含む食品などが付着すると穴が開くこともあります。

  2. 耐久性が低く摩擦にも弱い
    レーヨンは繊維を束ねた糸なので、摩擦に弱いです。洗濯などの摩擦で毛羽立ち、白っぽくなったり、シワ・型崩れ・色落ちにつながったりします。

レーヨンをクリーニングに出す場合のポイント

洗濯方法に関しては、クリーニング店に出すのが無難です。生地を傷めにくいドライクリーニングを依頼しましょう。

レーヨンをクリーニングに出す際の注意点

レーヨンの洗濯では、シワ・色落ち・型崩れなどのトラブルを防ぎつつ、キレイに汚れを取り除く必要があります。高いクリーニング技術が必要で、お店選びも大切なので、以下の注意点を確認しておきましょう。

  • 汗汚れが落ちない場合がある
    一般的にレーヨンの洗濯にはドライクリーニングが用いられます。ドライクリーニングは油汚れを落とすのには向いていますが、汗などの水溶性の汚れを落とすのは苦手です。水ではなく石油から精製される有機溶剤という洗浄液を使うので、油性汚れを落とす方が得意なのです。そのため、汗抜き加工・ウェットクリーニングにも対応したお店を選ぶと良いでしょう。

  • 明確な料金相場がない
    レーヨンは素材名であり、服の種類ではありません。またレーヨンを使ったアイテムは多岐にわたり、混紡率も製品ごとに異なるので、明確な料金相場はありません。 ただし、デリケートな素材であるため、店舗で追加料金が加算される可能性はあります。最初から料金を把握したい場合は、後述する宅配クリーニング「せんたく便」をご検討ください。せんたく便はパック料金を採用しているので、素材に関わらず一律料金でクリーニングできます。

  • クリーニング前後の保管場所にも注意する
    レーヨンの保管では湿気がこもらないように注意しましょう。吸湿性が高く湿気まで吸収してしまうので、縮みの原因になります。風通しが良い場所に保管し、収納ケースには乾燥剤を入れておくのがポイントです。 また、レーヨンの繊維は天然由来で柔らかいため、虫食いにも注意が必要です。クリーニングで汚れを落とした後は、防虫剤を使用しましょう。

レーヨンを自宅で洗濯する方法と失敗したときの対処法

基本的にレーヨンは水に弱く、家庭での洗濯は推奨されていません。それでも自分で洗濯したい場合には、洗濯表示で水洗いの可否を確認し、シリコン配合の洗剤で短時間の手洗いをしましょう。洗剤の種類については、中性洗剤のおしゃれ着用洗剤も刺激が少ないため、繊維に優しいです。時間の目安は洗いとすすぎの合計が1〜2分です。 一方、洗濯機は長時間水にさらす必要があり、シワや縮みにつながりやすいのでおすすめしません。最悪の場合、再生不可能なレベルのダメージを受けてしまうこともあります。脱水に関しては洗濯機の脱水機能を使っても大丈夫ですが、心配ならタオルドライにしましょう。あとは形を整えて平干しネットで陰干しをすれば完了です。 もしもレーヨンが縮んだ場合には、スチームアイロンで元に戻しましょう。軽く引っ張りながら中温でかけていくのがコツです。注意点としては、アイロンを滑らす回数を最小限に抑えることと、テカリや傷みを防ぐために必ず当て布をすることです。

レーヨンにおすすめの宅配クリーニング「せんたく便」

宅配クリーニング「せんたく便」ではドライクリーニングの有機溶剤を徹底管理し、仕上がりを追求しています。汗抜き加工もあるため、レーヨンのクリーニングに効果的です。

「せんたく便」とは

「せんたく便」とは、ネットを活用した宅配クリーニングの老舗です。スマホやパソコンがあればご自宅から注文可能で、指定の日時に配送業者が集荷に伺います(配送料無料)。独自の宅配クリーニング管理システムを導入しており、紛失や納期遅延の心配もありません。料金設定も明確で、レーヨン素材に限らず、コートやダウンなどの素材も一律料金です。

レーヨンのクリーニングには「最速パック」がおすすめ

レーヨンのクリーニングには、せんたく便の「最速パック」がおすすめです。最速パックは、最短5営業日のスピード納品と高品質を両立する洗濯サービスです。お預かりした衣類は、自社工場で熟練の職人が1点1点丁寧に仕上げます。 レーヨン素材の衣類に関しては、防虫・防カビ加工などのオプションがおすすめです。衣類を長期保管する前などに利用すれば、衣類の長持ちにもつながります。

レーヨンのクリーニングには細心の注意を払う

レーヨンは水と摩擦に弱いデリケートな素材なので、なるべくクリーニング店に出すようにしましょう。家庭での水洗いは縮みや型崩れなどのリスクが高く、衣類の寿命を縮めることもあります。どうしても自宅で洗いたい場合には、おしゃれ着用洗剤やシリコン配合の洗剤を使って、ごく短時間で優しく手洗いしてください。 「せんたく便」では高品質のドライクリーニングと汗抜き加工が可能なので、定期的なお手入れにご利用ください。

宅配クリーニングのせんたく便

住所/滋賀県彦根市大堀町380-1

TEL/0120-096-929

PR

History閲覧履歴

Columnコラム

PR

Copyright Cleaning.Navi
R125070041「R1もの補助 機‐1」

SNS

facebook twitter
ページトップ